タグ「著者:Nagi Wind」が付けられているもの

内部被ばくへの関心を

Clip to Evernote

「シーベルト」とは、放射線の体内影響を表す単位ですが、空間線量計で表示される測定値は、理論モデルによって計算される便宜上の数値にすぎません。図のような実験fでは、測る高さで極端に数値は変わります。しかもこのモデルでは、内部被ばくは一切考慮されていないのです。

 

チェルノブイリ原発事故では、被ばくの7~8割が、内部被ばくであったことが知られています。呼吸吸引や食事により、体内に入ったモノからの被ばくです。ここで大事なことは、体内に取り込まれたどの核種の放射性物質が、どの臓器に影響を与えるか、という各論です。

 

「シーベルト」という単位は、放射性物質の平均放射<エネルギー>を、生体組織の質量<体重>によって、割ったものです。ですから、計算の結果は「体内で平均的に放射性物質は作用した」値となります。例えてみると、お風呂に入って全身で得るエネルギーと、熱湯を一気に飲むことで得るエネルギーを区別しないのです。しかも、お風呂にさっと入るのとは違い、体内に入った放射性物質は、DNAや、最後に落ち着いた組織に対し、膨大な局部的、継続的な放射線量をもたらします。

 

このような計算があります。ひとつの細胞に対する、ひとつの体内アルファ粒子飛跡(プルトニウム239など)からの放射線量率は、500ミリシーベルトです。しかし、これを全身に換算すると、いきなり0.000000000005ミリシーベルトになります。「シーベルト」は、深刻な内部被ばくを表現できない意味が分かるでしょうか。

 

しかも、空間線量率(シーベルト)を地上1mの高さで測るのは、なぜなのか。身長が1mに満たない子らは、どうでもいいのだろうか。なぜ、アルファ線、ベータ線の土壌検査を、当初からしていないのか。時間がかかると言っても、もう2年が過ぎました。

 

原発などの人工の放射性物質は天然と違い、集団をなして微粒子状態となります。たとえば直径1μmは約1兆個の原子からなり、そこに多様の放射性物質が含まれるのです。放射性雲の気流やホットスポットでのホコリでは、この微粒子はひと呼吸で吸引されます。

 

今回KAZEは、いったん空間線量率(シーベルト)で報告をしました。これを見て「ああ、この程度なのか」と安心してはいけません。一方で、「シーベルト」で事態を軽く見せようとする、政府の政策文脈を批判します。そして、内部被ばくへの関心を呼びかけます。

 

 

Nagi実験2.jpg

 

 

< 解説 > 今回は、体調ためお休みです

Clip to Evernote

日のいずる国に吹いた、風

Clip to Evernote

〜シリーズ『風と放射能』(終)

 

この春、日本中に大陸からの風が吹き荒れています。「PM2.5」という聞きなれない言葉に翻弄(ほんろう)され、これが放射能よりも重要な扱いになっています。ところが、大陸から吹く風にもすでに放射能が含まれ、20世紀の核実験という「闇」を運んでくる。

  

2011年のあの春も、北から、南から、そして西からフクシマに風が吹き荒れました。日本が極東になければ、もし大陸の反対側のイギリスに位置していたら、ヨーロッパは広範にわったて汚染されていた。極東にあるからこそ海に救われ海を汚(けが)し、人々は己の陸地に吹いた、全体の半分に過ぎない放射能だけを語ります。

  

"ふるさと"とは、遠くから想う生まれ育った土地のこと。だけど今の『フクシマ』は、"過去の素晴らしさ"を懐かしむ"ふるさと"なのです。表面上はふつうの生活に見えても実際は、剥(は)ぎ取られ、棄(す)てられた土地だからです。大地も、山も、河も、海も、そして笑顔も、けっしてかつての日々には戻れない。

  

破壊し汚した者たちは、大手をふって闊歩(かっぽ)し、虚構に飾られた『フクシマ』をかつての福島と押しつける。真実ごと除染された住民たちは、自分自身に言い訳し、不安な心を抑え込み、日常生活に合理化された理屈を持ち出さざるをえない。いまだに、どれほどの痛手を被ったのかを知るすべもなく、人々みずから、すべてを『闇』の中に隠そうとしている。

  

かりに、日本が西の果てだったら、隣国の圧力でこの21世紀の『闇』は白日の下(もと)に引き出されたのだろうか。だが、今のままでは、日のいずる国に、決して日はのぼらない。

 

<3018号>

 

 

もし、日本が.jpg
 

 

 

< 解説 >

 

風向きと、放射能放出の時間変化

 

本文の挿絵で使ったデータは、ノルウェーの大気研究所 (NILU) の放射能拡散予想データ 、2011年4月14日解析、4/14-4/17の予想)です。ここでは、あくまでも目安として使用しています。このサイトはすでに閉鎖されていて、追加の分析はできません。

  

ただし、その期間(14日03時から18日0時)は、下図で示すように、大気に放出された放射能が最も急激に増加するタイミングを示しています。

  

また、陸地と海の比率についても、ここでは東電の分析を使用しています。一方、気象庁気象研究所ではセシウムだけに注目して「約7割にあたる大気から海への降下」としています。この陸と海の比率は、元の総量の計算にも影響を与えます。同研究上ではセシウムの従来推計の2倍の4京ベクレルとなっています。

  

「放射性物質の大気中への放出量の推定について」東京電力

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120524j0105.pdf

  

「従来推計の2倍 気象庁気象研究所」朝日新聞

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201202280824.html
 

 

期間③.jpg

 

 

 

放射能の総量

 放出された放射能の総量については、各機関が数回にわたり計算結果を発表しています。下部のグラフでは東京電力のものが一番大きい値を出しています。なお、気象庁気象研究所の検証ではセシウム137は1.5~2京ベクレル(15~20PBq)ですが、東京電力は1京(10 PBq)ですので、気象庁の予測を採用するとさらに総量が増える可能性があります。

  

一方、あらためて目を引くのは、ヨウ素131の量の多さです。半減期は短い(8日)ものの、人体にきわめて毒性の強いこの核種は、どれだけの子どもたちを傷つけて、今も甲状腺はこの『闇』の拡大に脅かされているのでしょう。

  

 

 

総量(機関別).jpg

 

 

 

END6.jpg

Clip to Evernote

"ふくしま" ということ

Clip to Evernote

3.11、あの日から福島県は、 "ふくしま" という複雑で、とても重たい意味をもった、ひとつの記号となりました。

 

そして、 "ふくしま" は、その内部と外部で、別の生活、別の生産、別の政治、そして別の感覚と立場を生み出し、大きな見えないものによって分断されたのです。

 

わたしはその内部で、家族と生き、地域とかかわり、そして放射能と一緒にいます。 "ふくしま" の外では、セシウムだけを問題視させながら、低線量は体に心配ないという。

 

いつもと変わらぬ日常、母は、子を学校へと送り出し、子は、砂塵の舞う通学路を通い、核種を吸引し付着させる。学校は、除染もせぬ頃から校庭で運動を許可した。

 

母親は、掃除でハウスダストを巻き上げ、吸引し付着させる。衣類は洗濯で核種を吸収し、陽のあたる物干し竿では、核種が舞う風にさらされる。父は、核種の染みついたスーツをまとい帰宅する。毎日のふつうの営みが、休みなく細胞を痛めつける。

 

子の靴下が54 ベクレル/kg、妻のジーンズは102ベクレル/kg。

 

息子はサッカーが大好きです。わたしは家族を愛しています。だから、放射性セシウムの測定値が高いグラウンドで、彼がサッカーをすることを禁じました。息子は、分かっています。でも、私を嫌っています。"ふくしま" は内部の家族まで、分断している。

 

 わたしは、それでも、核種の数値を追っている。

 

                                     KAZE to HIKARI.13005

                                                        

 

Nagi②.jpg

 

 

●降下物の測定とは

文部科学省が、定時降下物について、降水採取装置により採取し、ゲルマニウム半導体核種分析装置を用いて核種分析調査を行い、自治体に報告を求めています。特に、緊急時の場合、事故現場周辺では以下のような重要な意味をもちます。

 

①一日遅れとなるが、空気中の各種の放射性物質の量が分かり、事態への住民への対策ができる   ②放射能プルームの動向や危険性のおおまかな程度を知ることがでる               ③農作物や水源池に降り注いだ放射能の程度をおおまかに知ることができる            ④住民被曝( 特に 呼吸による吸入摂取 )の程度をおおまかに知ることができる

 

【福島県】 採取場所...福島県原子力センター福島支所(福島市方木田地内) /測定機関...福島県原子力センター福島支所 /分析装置...ゲルマニウム半導体検出器 /測定方法...緊急時におけるガンマ線スペクトル解析法(放射能測定法

 

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=27445

 

 

 

【局面Ⅰ】測定値は、本当にこの程度なのか

福島県は「震災対応により計測不能」という理由で、3月27日から行っています。同日は、セシウム134は測定せず、セシウム137が790Mベクレル/k㎡となっています。また、28日、29日は「不検出」、30日はセシウム137が146Mベクレル/k㎡となりました。しかも、その後もセシウム134は、4月24日まで測定せず、まる28日間も放置されましたのです。こうした対応は、決して住民を守るものとは思えません。

 

ここでは、セシウム134と137の比率が4:6という、一般的な数値を用いてセシウム137から134を逆算し、グラフとしました。なお、2011年4月24日から2013年2月13日の、同比率は134:137=43:57です。

 

 

Nagi局面Ⅰ.jpg

 

 

【局面Ⅱ】極めて高い放射性セシウムが検出され

2011 年6月7日、4号機主排気ダクトの支持脚溶接部からの空気漏えい/6月28 日午後8時6分、2号機原子炉格納容器内へ窒素ガスの注入を開始/7月14 日午後8時1分、3号機原子炉格納容器内へ窒素ガスの注入を開始。

 

 

 7月19日、極めて高い放射性セシウムが検出され、これを文部科学省は、9月26日修正データを公開しました。その数値は、セシウム134が590Mベクレル/k㎡、セシウム137が750Mベクレル/k㎡(7月19日9時~7月20日9時採取)となりました。なぜ、これほどなぜ公表が遅れたのかのでしょうか。

 

 

文部科学省

http://radioactivity.mext.go.jp/old/ja/monitoring_by_prefecture_fallout/2011/07/15137/index.html

 

 

 

Nagi局面Ⅱ.jpg

 

 

【局面Ⅲ】緊急時に監視システムが停止

2011年11 月30 日全54基の原発監視システム『ERSS』が停止/同日午後4時4分、1号機原子炉圧力容器へ窒素封入操作を開始/同午後4時26 分、3号機原子炉圧力容器へ窒素封入操作を開始/12 月1日午前10 時46 分、2号機原子炉圧力容器へ窒素封入操作を開始。

 

窒素を注入するという、重大な事故が起きたこの間、12月23日に最大値セシウム134が55Mベクレル/k㎡、セシウム137が65Mベクレル/k㎡が検出されました。非常に緊張感が高まっているこの時期、突然、監視システムが停止しました。このシステムは、すべての原発を対象としたものです。このことを、NHKでは以下のように報道しました。こうした、管理体制で原発の再稼働など、どうしてできるのでしょうか。

 

 

国の原発監視システム 一時使えず NHKニュース                

2011.12月31日 18時4分、全国の原子力発電所の原子炉の状態や周辺の放射線量などのデータを監視している国のシステムでトラブルが発生し、原子力安全・保安院などでデータを一時、表示できなかったことが分かりました。このシステムは31日午後復旧し、保安院が原因を調べています。

 

トラブルを起こした国のシステム「ERSS」は、全国の原発の原子炉の圧力や温度、それに周辺の放射線量などのデータをリアルタイムで監視し、今後の状態を予測します。東京の原子力安全・保安院のほか、原発の周辺にある保安院の出先が入ったオフサイトセンターなどに端末が設置されています。東京電力福島第一原発の事故ではこのシステムが使えず、放射性物質の広がりを予測できなかったために住民の避難に課題を残しました。

 

保安院によりますと、30日昼過ぎ、石川県にある志賀原発のオフサイトセンターで画面にデータが表示されていないことに検査官が気づきました。このため保安院で確認したところ、ふだんは画面に出ているデータが、全国すべての原発について表示できませんでした。調査の結果、データを管理する独立行政法人の施設でデータの送信ができなくなっていることが分かり、「ERSS」は31日午後2時半ごろ復旧したということです。保安院が原因とともにいつから故障していたのかを調べています。原子力安全・保安院は「重要なシステムが使えなくなったのは遺憾で、また発表が丸一日後になり申し訳ない。今後は速やかに発表したい」と話しています。

 

 
 

Nagi局面Ⅲ.jpg

 

 

●福島民報2012年12月18日

放射性物質はない.jpg

 

END6.jpg

Clip to Evernote