リベラルな経済政策、明快な脱原発プロセス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
Clip to Evernote

●経済政策

「再分配を成長戦略に位置づけ」「地域経済ニューディールの推進」「継続的な適正規模の財政出動」など、明らかにリベラリズム(弱者にやさしい自由主義)の経済政策です。中央集権型ではなく、地方への権限と財源ふり分けを重視しており、自民党と一線を画します。

 

問題となるのが財源ですが、「経済成長による税収増の他、特別会計の全面見直し、行財政改革、公正な税制構築」としています。日銀の金融政策には言及がありません。

 

さらに「企業の内部留保を活用し、賃上げを促進する」「可処分所得を1.5倍に引き上げ」と、思いきった政策まで踏みこみます。リベラリズムでも左派という色彩が強く、大企業より「生活者」を大事にする姿勢を鮮明にしています。

 

TPPは反対で、「単なる自由貿易協定ではなく、日本の仕組みを大きく変えることになる」と警鐘を鳴らします。ただし、自由貿易は必要で、相手国と個別にFTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)を推進する、とあります。

 

●脱原発政策

●経済政策

「再分配を成長戦略に位置づけ」「地域経済ニューディールの推進」「継続的な適正規模の財政出動」など、明らかにリベラリズム(弱者にやさしい自由主義)の経済政策です。中央集権型ではなく、地方への権限と財源ふり分けを重視しており、自民党と一線を画します。

 

問題となるのが財源ですが、「経済成長による税収増の他、特別会計の全面見直し、行財政改革、公正な税制構築」としています。日銀の金融政策には言及がありません。

 

さらに「企業の内部留保を活用し、賃上げを促進する」「可処分所得を1.5倍に引き上げ」と、思いきった政策まで踏みこみます。リベラリズムでも左派という色彩が強く、大企業より「生活者」を大事にする姿勢を鮮明にしています。

 

TPPは反対で、「単なる自由貿易協定ではなく、日本の仕組みを大きく変えることになる」と警鐘を鳴らします。ただし、自由貿易は必要で、相手国と個別にFTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)を推進する、とあります。

 

●脱原発政策

「福島等の子どもの内部被曝測定のための血液・尿検査等を実施」と明確に「内部被ばく」に言及しています。ただし、避難する権利にはふれておらず、大きな課題を残しました。先日の評価では、ここが20点減点要素です(66点内訳)。一方、事故収束では、先月、党首小沢一郎氏が小出裕章氏との会談の際、『地下遮水壁』の必要性を説かれ、これを全面採用する唯一の政党となりました。事故収束に実務的な議論をしています。

 

再稼働反対、最新型ガス・石炭(気化)火力などを原発代替即戦力として、遅くとも2022年までに廃止を確定し、電源三法(脱原発三法)の改定をすると、かなり明確なプロセスを示しています。

 

再生可能エネルギーでは、昨年、党首みずからドイツへ視察団を率いて研究を重ね、特にエネルギー自給率を強く意識しています。電力システム改革は、発送電分離、地域分散ネットワーク型などスタンダードな議論をしています。

 

●経済と脱原発の整合性

エネルギーの地産地消を推進し、地域経済の発展と雇用の拡大を実現し、『新エネルギー先進国日本』をつくる、として長期的ビジョンをしめします。

 

 

生活の党4.jpg

 

 

 

end.jpg

Clip to Evernote