女性たち、参政権を行使しよう!平和のため

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
Clip to Evernote

男たちは、古代から、狩猟本能であらゆるものを手に入れようと走り回ってきました。女性たちは、子どもを産み、育て、そして命を守る、そうした平和な営みがなによりも大事でした。

 

女性たちの母性本能は、平和を求めているのです

 

男たちの闘争社会から生まれたのは、武力戦争、経済戦争、技術戦争、エネルギー戦争、そして原発です。いつも、どこでも、テリトリーごとに正当化された議論をふりまわしながら、まるで戦争を楽しんでいるかのように、私には見えます。

 

昨年の秋、シンクタンク世界経済フォーラムは、『男女格差報告』を発表しました。格差が少ない国1位は、アイスランド、次にフィンランド、ノルウェー、スウェーデンと北欧が上位を占めます。アメリカは22位、中国が69位です。ところが日本は、前年98位だったのが、今回は101位に転落しているのです。女性議員が少なく、企業幹部も男性に占められていると指摘されています。

 

日本は1945年の戦後、女性の参政権がはじめて実現しました。それは、タイ(1932年)、フィリピン(1937年)、インドネシア(1941年)よりも遅かったのです。私たちは、日本はアジアでも先進国だと思わされてきたのに、実は、こんなにも後進国だったのです。しかも、改善するどころか、さらに悪化しています。

 

このまま男たちに、この社会を任せていいのでしょうか

 

今まさに、闘争好きな日本男児たちが、とても嬉しそうに集結しています。そして、力をどんどんつけています。まるで、大きな戦の前夜のように。フクシマはなかったかのように装い、喜々として「核」を世界に売りに走り回っています。しかも、「恒久の平和を念願」する憲法すら、簡単に変えられるようにしようとしています。

 

これ以上、安倍自民党に、未来を任せておくわけにはいきません

日本の未来を、いいえ地球の未来を左右する7月21日の参議院選挙

 

女性のみなさん あなたの母性本能はまちがっていない

理屈はいらない

子どもたちの未来のために

一票も無駄にすることはできません

平和に向かうために、あなたの参政権を生かしましょう!

 

 

母性.jpg

 

 

 

end.jpg

Clip to Evernote