原子炉は、発電のためではない

Clip to Evernote

(小出先生のインタビューから)

みなさんは、原子炉は発電のための道具だと思われているかもしれませんが、日本が原子力をはじめたのは原爆をつくるためにプルトニウムが欲しかったからです。

 

イギリス、フランスに使用済み燃料の再処理を委託して取り出したプルトニウムは45トン、長崎型原爆の4000発分です。ただ、これは核分裂性が70%で、小ぶりのミサイルに載るようなものはできない。これでは、軍事的価値が下がります。90%以上にするには高速増殖炉がほしい。だから、もんじゅは絶対にあきらめないのです。一度でも動かすことができれば、98%という濃度ができます。

 

1977年、米国大統領カーターは、核兵器の拡散防止をしなくてはいけないということで、米国の原子力発電所の使用済み燃料の再処理をしない、だから他国でもするな、という政策を打ち出そうとしました。ところが、日本はとにかく再処理をやりたい、と言って東海村の再処理施設の稼働について、米国とかなりきわどい争いをしました。最終的には、日本ならいいだろう、と許しました。日本はアメリカの属国だからです。

 

米国は原爆をつくるために原子炉を山ほどつくって、ところが今度は重荷になってきた、そこで今度は技術を海外に売って金儲けをしたくなった。日本なら中国に対する牽制にもなるし、さらに日本がアジアへ販売すると米国にはパテントビジネス(特許権)で金が入るのです。

 

KAZE to HIKARI.13010

 

 

山ほどつくって.jpg

 

 

 ぽぽんぷぐにゃん2.jpg 

小出裕章さんにお話をきく。-1「核廃棄物と原爆について。」2013.02.28 

http://www.youtube.com/watch?v=HQDImfZiW5A

 

 

 

 

 

軍事目的のウラン.jpg

参考文献:『原発と憲法9条』小出裕章著 遊絲社1400円

多数の小出先生の著書の中でも、特にアメリカの軍事目的である原子力政策と戦後日本との関わりについて正面から論じられたもの。原子炉とは何か、再処理とは何かを、発電ばかりから議論しがちな私たちに、明快に軍事目的と技術的に論証している。原発問題には必須の一冊。

 

アマゾン: http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E6%86%B2%E6%B3%959%E6%9D%A1-%E5%B0%8F%E5%87%BA-%E8%A3%95%E7%AB%A0/dp/4946550313

 

遊絲社:http://www.yuubook.com/center/

 

 

●戦後日本の核開発

 (以下、小出裕章氏のお話、やや要約①-2)

日本は原子力に限ってはどうしようもない後進国、だって戦争に負けちゃったわけで、日本を占領した米軍は一番初めにやってことは、日本の核研究を全部つぶしたことです。ようやくできることになったのは、1951年サンフランシスコ講和条約が結ばれてから。その頃は、ソビエトでは世界初の原子力発電所が54年には動き出しちゃうわけですから、日本など遅れに遅れて始まりました。

  

●(KAZEの質問への小出先生からの返信メール要約

東海再処理工場は、1977年当初は年間210トンの計画でした。ところが、2006年3月に役務運転を終了した段階で、再処理できた使用済み燃料は累積で1116トン、稼働率は20%以下でした。そこから取り出されたプルトニウムはせいぜい10トン、その中での核分裂性プルトニウムは約70%です。

  

戦後日本の原発と再処理は、もちろん一つの文脈として取り組まれました。しかし、東海再処理工場の運転実績は惨憺たるもので、失敗といっていいと思います。

  

また、青森県六ヶ所村に年間800トンで計画しましたが、建設費が当初の3倍近い2兆2000億円に高騰したうえ、さまざまなトラブルに見舞われ、操業開始は延期に次ぐ延期を余儀なくされてきました。04年1月に電気事業連合会が発表した試算によれば、完成後の操業、解体費の総計は11兆円もかかることが公表されました。

  

高速増殖炉もんじゅは動かず、プルサーマルも事実上頓挫している現状では、再処理工場でプルトニウムを取り出しても、発電という分野では使い道がないのです。

 

 

 年表⑤.jpg

 

 

 

 

 

米国のパテントビジネス化と日本の実業寡占化.jpg

 

 

 

 

 

 

3.10.jpg

http://coalitionagainstnukes.jp/?p=2415#gather

 

END6.jpg

Clip to Evernote