地球で、もっとも危険なところ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
Clip to Evernote

地震が頻発する『新期造山帯』に、原発を54基も作ったのは、地球上で日本だけです。

  

地震が起こるのは、大陸がゆっくりと移動するからです。地球の表面は厚さ100㎞ほどの10数枚のプレート (大陸がのっている岩盤)におおわれ、これがマグマの対流運動でお互いに複雑な移動をします。プレートとプレートの境界に『しこり』が生じ、これが弾けた瞬間に、地震が起きるのです。

  

地球の大陸は、つくられた時期で3つに分けます

①安定陸塊~とても古く安定した大陸

②古期造山帯~2.3億年前頃に造山運動が終わった大陸

③新期造山帯~現在も造山運動が活発に続いている大陸

  

日本は『新期造山帯』に属します。火山活動や地震が頻発する地域です。しかも、北米・ユーラシア・フィリピン海・太平洋という4つのプレートの境界が集中する、地球上で稀に見る『しこり』がとても多いところです。

  

地球上に431基の原発があります。うち85%程度の363基は古期造山帯もしくは安定陸塊にあります。ところが、驚くべきことに残りの68基は『新期造山帯』にあるのです。それは台湾(6基)、アメリカの西部(8基)、そして日本に54基(うち福島第一4基廃炉)です。つまり54分の54と、地球上で最も危険な国なのです。

  

原発が、この惑星にあることが理解できません。しかも、地震がもっとも活発な列島に54基もつくり、3.11を経験したこの国が地震の多いアジアへさらに原発を輸出し拡散しようとする「知性」は、理解できません。

 

 

13014号

 

 

地震頻発地域③.jpg

 

 

 

 

 

世界の大陸⑦.jpg

 

 

 

(解説)

世界の原発の状況と日本

 2012年1月1日現在、福島第一原発の影響で世界では9基減少し、あるいはドイツなど脱原発の決定をしましたが、一方で、2011年中にインド、中国、韓国、パキスタンで4基の営業運転が開始されました。

  

福島の事故を尻目に、世界では16か国・地域で75基建設中。特にアジアでは開発拡大をめざす国が多く、中国ではこれまでフランスの技術に依存していましたが、すでに64%の国産化を実現しています。現在所有していないベトナム、インドネシア、トルコなどでも計画が進行しています。ベトナムでは日本の企業連合の受注が決まり、リトアニアでも優先交渉権を獲得。ヨルダンとトルコとの間では折衝が続いている。

  

ところで、驚くべきことにチェリノブイリ事故で大きな被害を受けた、ベラルーシが、新たに計画中であることが明らかになっています。

  

【建設中】

・東通原子力発電所1号機(東京電力)~建設中(進捗度10.0%)

・大間原子力発電所(電源開発)~建設中(進捗度37.6%)

・島根原子力発電所(中国電力)~建設中(進捗度93.6%)

 

【計画、工事中断】

●東通原子力発電所2号機(東北電力、東京電力)

  2012年12月14日、原子力規制委員会の調査団は、活断層との見解でほぼ一致

●浪江・小高原子力発電所(東北電力)

  福島第一原子力発電所事故による警戒区域に指定されている

●敦賀発電所3、4号機(日本原子力発電)

  2012年12月10日、原子力規制委員会の調査団は原子炉直下に活断層の可能性が高いと判定した

●上関原子力発電所1、2号機(中国電力)

  賛成派・反対派で町内を二分するほどの激しい対立、反対は活断層の可能性を指摘

●浜岡原子力発電所6号機(中部電力)

  東海地震の予想震源域にあり、活断層が直下にあるという説が発表されている

●川内原子力発電所3号炉(九州電力)

  2012年8月10日、原子力安全・保安院は、敷地内に活断層がないと結論付けた

 

【計画中止2基】

 1:東京電力福島第一7号炉

 2:東京電力福島第一8号炉

 

 

世界の原発3.jpg

日本の原発は「運転中」ではないがここに分類する。ただし、4基はすでに廃炉となっている。 

 

 

 

END6.jpg

Clip to Evernote